FC2ブログ
2016.02.21 22:18|未分類
今日のサットンサンガのテーマは「慈悲」

fb37ae_294c9dbde4b6ac297ad62d9efa080c4d.jpg

仏教ではよく使われる言葉で、ヨーガの生き方でもとても大事なキーワードです

仏教の言葉ってなんだか固くて、難しいイメージ

でもカイラスのサットサンガで聞いていると、とても実践的で生活に役立つ教えばかりなのだと気づきました



今日のお話も日々の生活に役立つお話でした

慈悲とはすべての人が苦しんでいるのを悲しむ心
その慈悲を持つにはベースに慈愛がないと始まりません。
その愛は人間的な恋愛や、家族愛や、子供への愛といった限定された愛ではなく
仏教でいう慈愛は「すべての人」が対象になのです。


一般的に美しいとされている「愛」
それも仏教から見るとまだまだ「エゴ」が入っている

夫への愛、恋人への愛、子供への愛、親への愛。これはとても美しく、すばらしい

でも、それを他の人にもできるようになれたら、どんなに素敵だろう
そんな心でいれたら一瞬で世界が幸せな世界に変わるのでは

297528_249550205084324_177167553_n.jpg

特定の人への愛は苦しみがつきもの。


もし苦しみのある愛ならば、きっとどこかにエゴが入っている
対象がすべての人へ向けられているときは苦しみはないのですね


エゴを入れない愛は絶対にすべての人が対象になる。とお話でもありました


そしてそのすべての愛する人々に本当に幸せになってほしい。
その人たちが苦しいのが耐えられない!

という気持ちを慈悲と言います。

そして「何をしているときも、すべての人の幸福を願うこと」これが結果的に自分の幸福になると
今日のサットサンガからヒントがありました。


なかなか教え通りにいかないときもあるけれど、でもこんなふうになれたらいいなと生きることがまず一歩

12747517_1224926377536149_4832869580396222026_o.jpg

写真は朝開店時にスーパーに行ったら配っていたガーベラちゃん^^

誰の手に渡って
どこに連れて行かれて
どこで咲いて
どこで散るのか

本人は全く気づいていない御任せな様子
ただただ、使命のままに全力で咲いている

かっこいいな







ここで一句

「慈悲心を
持てたら自分が
幸せよ
そんな生き方
したいなりけり」
スポンサーサイト



2016.02.12 20:46|未分類
10日はラーマクリシュナの弟子のブラフマーナンダのお誕生日でした

bnd.jpg

わたしも大好きな聖者の一人です。
雰囲気に人柄が滲み出ているような・・
とても可愛らしい、愛に溢れた方なのです。


ブラフマーナンダはとてもユーモアのある聖者で、
兄弟弟子に対しても、時おり悪戯をしていました


とても真面目な気質のプレーマーナンダに、ブラフマーナンダはワインに見せかけたブドウジュースを弟子に持って行かせました。
「マハラジからワインです」と弟子がプレーマーナンダにブドウジュースを渡すと
プレーマーナンダはワインと思いびっくりして後ずさりしながらブドウジュースを避けたそうです

それを見てブラフマーナンダは大笑いしていました。


このエピソードから、この日はブドウジュースを捧げました


また、ブラフマーナンダは植物をとても愛していました。
兄弟弟子であるヴィヴェーカーナンダは動物を愛していたのですが、その動物たちがブラフマーナンダの大事な花壇を荒らすと、とても怒ったそうです。


もう一つわたしも大好きなエピソードがあるので紹介します

以下、引用文↓

「彼はまた、四つのアマラキーの植物も植え、これらの植物がよく育っているか、良い実を実らせているかどうかを、全員に尋ねていました。これらの植物が最初に庭の垣の近くに植えられたとき、彼はその近くに立って「この樹になったアマラキーを売るだけで、君は100ルピーを得るよ」と言い、皆は笑ったものでした。アラマキーの適切な情報を伝えられなかった者は、役立たずと呼ばれました。」


真剣さと軽さが融合したようなユーモアがありとても好きな話です。




聖者と一言で言えど、いろんな個性の聖者がいますね。
怒る聖者も、無口な聖者も、楽しい聖者も、個性が様々なのが面白いですね。
ただ共通して言えるのは人々を聖なる方向へと導く存在なことでした。


過去の聖者のエピソードが現代のわたしたちに聖なる影響を与えてくださっていることに感謝します


そしてわたしたちもそれを伝えよう



———最後にブラフマーナンダの素敵な言葉を紹介します———



「決して、他者の落ち度を見つけたり、批判したりしてはいけない。そのような習慣は君たち自身にとって有害だ。しじゅう他人の悪について考えていると、その悪が君たちの心に焼き付いて、内にある善いものを隠してしまうだろう。
 神と共に遊び、彼の栄光を歌い、愉快に楽しみたまえ! なぜ他人を批判するのだ?
 彼らと共に楽しくせよ。ゴシップにふけるではない。心のよこしまな者だけが、他人の欠点ばかりを見つけたがるのだ。
 自分を清らかに保ち、みずからの理想に向かってひたすらに前進したまえ。
 他人の中に善を見いだすことを学べ。もしある人が善い点を持っていたら、それを君の中で誇張して思うようにせよ。すべての人を尊敬し、すべての人を褒め称えよ。
 すべてのものを敬う人は、彼自身が敬われるのだ。
 決して、仲間をけなしたり軽んじたりしてはいけない。誰も彼もが他人の欠点ばかりを見る。仲間には愛を与え、彼を自分の身内として、彼が自分の弱点を克服するのを助けてやるようにしたまえ。
 人は善い点と悪い点と両方でできているのだ。他人の中に悪いところを見つけるのはやさしいが、聖者とは、他人の悪い性質を見逃し、彼らが純粋で清らかになれるように助けてやれる人のことをいうのだ。
 覚えておいで、私の子供たちよ。君たちはその聖者たちなのだよ。常に静かで、柔和で、謙虚で、そして親切な言葉を吐くようでなければいけない。君たちの口にする言葉の一つ一つに、その行いの一つ一つに、すべての振る舞いと行動の中に、善意と純粋さとがあふれているようでなければならないのだ。」


――ブラフマーナンダ
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
HP

プロフィール

 ラム子

Author: ラム子
ヨガスクールカイラスでインストラクターをさせていただいています。


教室のblogも是非見にいらして下さい^^

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR