FC2ブログ
2014.04.10 14:18|祭壇のお花
4月9日に、我らのラーマ様の聖誕祭が行われました

10007477_620230821386499_6907956776385201962_n.jpg

古くから伝わるラグ族のラーマ神
ラーマに詳しいインストラクターのハヌマーン君の情報によると、
お釈迦様やハリスチャンドラ王もラグ族なようです。

ラグ族の象徴は誠実さ
口にしたことは必ず守ります。
それがラグ族のダルマなのです。


祭壇もテーマはアヨーディヤー
公明正大な王、ラーマ神の住まうアヨーディヤー
高貴な雰囲気です


私ラム子もラーマ神の大ファンなのです


お花は

•デルフィニウム(青い花)
•カサブランカ
•トルコキキョウ
•バラ
•ラナンキュラス
•ライラック

グリーンは

•コデマリ(白い円い小花がついた枝)
•利休草(黄緑の蔦)
•スノーボール(ボンボンのような黄緑)
•グリーンネックレス(ネックレスのよう)
•ピットスポラム
•スマイラックス(絵の周りの蔦)

1476121_10200705957290893_6891533928288173115_n.jpg


慈愛心の権化
「ラーマ様は何にもまして愛情を重視される」と聖典に書かれています。
その思いが、ラーマーヤナのどんな戦いにも勝利をもたらしています。

そんなラーマ様。
とてもかっこよく描かれていますが、
実はとてもキュートな一面も
いつもみんなを愛していて
とてもピュアでほのぼので
ちょっと天然?笑

そんなラーマ様の一挙手一投足に、心が浄化されていくような気がします。


ヴィシュヌ神が人間の姿をとってこの世に降誕された姿のラーマ様



とても人間味のある姿として知られています

妻のシーターがさらわれたあと、森にある木や鳥、目に見えるすべてのものが自分を笑っているように見えると弟に嘆いたり

初めてシーターに出会ったときは、ときめいてしまって一生懸命隠そうとしているけど、弟にバレてしまったり

こっそりシーターに膝枕してもらったり

猿の戦いの一撃を任されていたのに、本番になってどっちを狙うのか分からなくなってしまったり


そんなちょっとお茶目な一面をお持ちなラーマ様
そんなラーマ様をお守りしたいと思う気持ち
それがバクティヨーガの一つの形とも言われています


ちょっとネガティブな気持ちになってしまったりしたとき
心の中の純粋無垢で汚れなど何も知らないラーマ様が
ピュアな笑顔で「おーい!」と呼びかけているような気がしてくるのです。
そんなとき一瞬で心が治る感じがします。

心のなかにいつもラーマ様が
居心地よく住まわれていいますように

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ラーマ様に捧げられた花環1926670_10200705946970635_1129119453196913056_n.jpg


インストラクターのお花を愛する男子が作ってくれたのですが、

これも使っていいかなって持ってきてくれたお花が

何年か前にもう引っ越してしまうから・・と植木をくれた生徒さんのゼラニウムだったのです。

ピンクが挿し色になってとても素敵になりました。





枯れて散っていくだけより、こうして花環となって身を捧げられたらお花も幸せよね

1551472_620232338053014_8438087154520916242_n.jpg








そして感動したのが、そのゼラニウム(ピンクのお花)を下さった生徒さんは、ラーマが好きだったのです!

70代だったのですが、いつも元気にヨガに通って来られていました。

もともと石原裕次郎の大ファンだったのですが、
あるときからラーマ様が石原裕次郎に見えてきて、
「イケメンね〜〜」と、ラーマ様の絵をまじまじと見ていました



あのときは、”引っ越すから”とくれたゼラニウムだけど、
今になって、ラーマ様を飾る花環になるなんて

ここに行き着く間での過程はあれど、結果的にお花を捧げた
ということになっていることが感動しました。

毎日ある色んな出来事も、きっとこれから起きる”何か”のためのことなのですね


10256825_10200705961490998_7246328834304566188_n.jpg



最後に一句


「ラーマ様
とぼけたふりして
シナリオを
進めているよ
神のシナリオ」


スポンサーサイト



2014.04.01 18:25|未分類
教室の目の前の川も一気にサクラが咲きみだれ始めました

R0014595.jpg

外に出た瞬間パ〜っと。みるだけど幸せな気持ちでいっぱいにしてくれる

春はいたるところに新しい芽が出始めてワクワクしてきますね。

R0014641.jpg


祭壇のお花も春いっぱい

大きなサクラまできて、ここでお花見ができそうです〜






色んなことがスタートする四月

3年前の今日が、私にとっても人生の新しいスタートでした。1384221_524075177673614_151948066_n.jpg

この欲望と幻影の世界にもういれないと思った

何をしても、一時の暇つぶしに思えた。
何をしても、欲望の奴隷に思えた。

ヨガに出会い、本当の生き方がしたくなった。

今までの仕事も、執着も、夢も、 すべてを捨てた。

すべてを捨てたら本当にすべてが手に入った

わたしが本当に欲しかったのはこれだった。この生き方だった。

一番捨てたくないものを捨てたとき、やっと手に入った一番欲しかったもの。

真実を探す道は、この世界とは逆流するような人生だけれど、今は本当の充実を感じる。

見るものも
嗅ぐものも
聞こえるものも

すべてが今までとは違う。

生きているってこういうことか。と最近思う。

本当に出会えてよかった
ありがとう


大事なことを思い出した一日でした


images.jpeg


そして春のナヴァラートリーも今日から始りました

9人の女神様をお祝いします。

それぞれの女神様に個性があり、それぞれの女神様に愛の形があります。

Facebookを見れる方は是非見てみてくださいねhttps://www.facebook.com/groups/374060069338874/



•๑☆๑•**•๑☆๑•**•๑☆๑•*ここで素敵な言葉を紹介します*•๑☆๑•**•๑☆๑•**•๑☆๑•*



私は今日明日にでも死ぬでしょう。

でももし私が生きられるとしたら

それは神の意思により、何かやるべきことがあってのことだから

喜んで受け入れましょう。

しかしそれ以外のこの世への執着はいりません。

死ぬのだから。

この世が永遠に続くなら、多くのものに執着しましょう。

しかし私は死ぬのです。

だから今、すべてを捨てましょう。

人は死ぬときに、「すべてが私から去っていく」と言って嘆き悲しみますが、
今すべてを捨てるなら、永遠の幸福を発見するでしょう。

もう死ぬのだから、真剣に修行しよう。

もう死ぬのだから、何に対してもこだわりはありません。

もう死ぬのだから、人からよく見られたいという思いもありません。

もう死ぬのだから、新たな執着を作り出すような真似もしません。

もう死ぬのだから、きっぱりとエゴを振り捨てましょう。

もう死ぬのだから、何が起きるのだろうと気にしません。

もう死ぬのだから、自己のカルマを受け入れ、すべてを神の愛と見て受け入れます。

もう死ぬのだから、心のままに自然に振舞います。

もう死ぬのだから、その心を浄化・純粋化することだけに力を注ぎます。

もう死ぬのだから、素直になって、全世界に慈愛を向けます。

もう死ぬのだから、とにかく今を真剣に生きましょう。



HP 

kailas.jpeg


03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
HP

プロフィール

 ラム子

Author: ラム子
ヨガスクールカイラスでインストラクターをさせていただいています。


教室のblogも是非見にいらして下さい^^

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR