FC2ブログ
2013.06.28 18:51|未分類
毎回思っていました・・
祭壇のお花、ちょっと枯れてるだけで捨てちゃうのもったいない

そんなもったいない病と工作好きが組み合わさって・・
ヒソヒソとコツコツとドライフラワーを作っていました

IMG_0094_20130628182404.jpg

ドライフラワーに向いているお花などもあり、綺麗に残すやり方などもあり、干しているだけでは駄目だったのか〜と奥の深さを学びました。

バラや紫陽花はドライフラワーに向いていて発色もよく綺麗に残ります
冬に作っていたドライフラワーは綺麗にできたのですが、この季節は難しかったです
きくところによると、乾燥剤(お菓子に入っているやつ)をタッパーにいれて、一緒にお花をいれておくといいそうです。

けっこう溜まってきたドライフラワー
ちょっとリースに合わせてみようと思ったら、はまってしまい結局本当に作ってしまいました。
IMG_0111_20130628183428.jpg

ドライフラワーってなんだか寂しげなイメージだったのですが、こうして色んな色を合わせてみるとけっこう華やか
エレガントな感じになりました。

リース台も100均で売ってますよ〜!

arekayasi1.jpg今回のはアレカヤシというグリーン

いつも祭壇のお花に入っています。

これがあるだけで広がりがでます

けっこうどんな雰囲気のお花にも合う。




これを下の葉からグルグル巻きつけて一本にしたらそれを根元に挿して輪っかにしました。

100%祭壇のお花で作ったリースが出来て大満足 

タクルもお花いっぱいね



「まだまだよ
枯れても綺麗な
お花さん
全力捧げた
証だね」



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑↑

お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします

スポンサーサイト



2013.06.26 10:40|未分類
インドの大聖者ラーマクリシュナの好きだったお花が分かりました

とても香りのいい5種類の花があげられています。

•ほざきさるのお
ほざきさるのお


種小名に「ベンガル地方の」とあるほど、ベンガル地方(ラーマクリシュナが住んでいた場所)では馴染みのある花なようです。

その強い芳香から、仏教の世界では寺院に多くみられる植物の一種です。

また吉祥樹として民家でも庭に植えられていることが多いそうです。別名「解脱花」と呼ばれています。



•いぼつづらふじ
いぼつづらふじ
いぼつづらふじはアーユルヴェーダのハーブとしても有名です。

免疫システムを強化し、組織や器官に新たな活力を与えてくれます
衰弱に伴う疾患のほとんどに対して、すべての人に安全に摂取されてきました。
健康な人では活力の増進に利用されています。
インドでは肝にいいとして民間でも利用されていたようです



こうしてみてもなんだか熱帯系な植物が多いですね。
好きだったお花を聞くだけでも、当時の様子が浮かび上がってくるように思えていですね




さてさて、昨日からインドではジャガ様たちのお三方がお風邪をひいて寝込んでしまったお祭り中です 
jyaga.jpg


三人揃って毎年この時期に風邪をひいて寝込んでいると思うとかわいいですね
Puri-rath-yatra.jpg

インドの神様はお茶目です 




「風邪ひいて
みんながお世話
する機会
作ってくれてる
優しいね



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑↑

お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします


2013.06.12 17:47|未分類
前にこのブログでも紹介した「猿蘭」こと「モンキーオーキッド」image0021111_20130612172418.jpg

ハヌマーン聖誕祭付近に発見し、ついにここ カイラスにやってきました

IMG_0005.jpg


え?これが猿蘭?とお思いのことと思います

この猿蘭、実はエクアドルの密林地帯で自生しているもので、飛行機では持ってくるのが難しい稀少な蘭。
そのため、株の状態でエクアドルからやってきたのです

わたしたちが猿蘭を発見した直後、蘭の展覧会にこのエクアドルの栽培者の方が展示をしに、日本にやってくるとのことで、これは行かなくては!!と偶然にも猿蘭を入手できたのです


南米アンデス山脈と隣接する中米の高地に広がる、湿度の高い標高2000mの雲霧林に自生しているそうです。
寒いところと熱いところが嫌いなお猿さん。
日本で咲かせるのは難しいそうですがみんなで大事に育てます
週二回の水やりがいいそうです
高温や光に弱く照明など当てると花がしぼんでしまうそう繊細だわ〜

お猿さんの目に見えるものが「花びら」で、大きいものは花ではなくガクなのだそうです。またリップ=猿の口に見える部分で虫が暴れることで受粉が促されるように花が進化を遂げているそうです

さっそく水苔と三号鉢に入れてみました
観葉植物のようで可愛い

生徒さんが下さったウォータービーズも一緒に入れて、涼しげな感じ

IMG_0006_20130612172414.jpg

ウォータービーズ 子どもたちにも大人気です


猿蘭・・・
40bb458f_20130612172412.jpg
いつの日かこんな可愛いお姿でお現れになるのを楽しみに
大事に育てます

猿蘭=猿RAMだもんね


またご報告します





ここで一句
「猿蘭が
ついにカイラス
やってきた
海を越えて
ラームラームと」

 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑↑

お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします
2013.06.10 21:37|カサブランカ
IMG_0036.jpg
去年球根でやってきたカサブランカが今年もこんなに育ちました

いつのまにかこんなにツボミが出来ていて、咲くのが楽しみです

最近なんだか色々なことを通じて、最近動き出しているのかな?と思うことが多々ありました。

みんなもそう感じていたようです。

このツボミもそんなことの象徴のような気がするのです。

この世は相対的だね。とヨガの仲間と話していました。

目の前に見える現象も、流れがあって、すこしづつすこしづつ動いている。



先日インド大使館でバクティヨーガの歌をみんなで歌わせて頂きました。

今回は45名程の大人数での大合唱となり、客席にいる方でも涙を流して聞いてくれた方がいたようです
ccaf13f8e21cab5152c05825455a1b26.jpg

バクティヨーガのツボミが出来はじめているのを感じ、何か新しいことのはじまる幕開けのような日でした。

この球根が去年ここにやってきて、咲いて、終わり、また新しい季節になり、球根から芽がでて、今またツボミが出来た。

全てに意味があり、あのときから始っていたことを思うと感動的です。

なにひとつ無駄なことはない 今を大事に生きて行こう


*•๑☆๑•**•๑☆๑•**•๑☆๑•**•๑☆๑•* 妄想ではなくリアルを生きる*•๑☆๑•**•๑☆๑•**•๑☆๑•**•๑☆๑•*

 我々の人生は全く、妄想と後悔に満ち溢れている。
 
 まだ見ぬ数年後、数ヵ月後、数日後、明日、数時間後、数分後のことで頭がいっぱいだ。

 あるいはあるときは、過去の後悔や、過去の栄光で頭がいっぱいだ。

 今はどこにいったのか。

 今はどこにもいかないはずなのに。

 過去の後悔や未来の不安を持つことはもちろん良くないが、良い思い出や楽しい未来を思うことは良いことではないかと言う人もいるかもしれない。
 たしかにそれは相対的な意味では、後悔や不安よりは良いかもしれない。
 しかしなぜ、今を見捨てるのか。
 なぜ、今をあきらめているのか。
 そこが不思議なところだ。
 今という最高に新鮮な時をあきらめ、まだ早熟な未来や、古くなった過去を楽しもうとする心が人間にはあるようだ。
 今こそがすばらしいのに。
 それは痛みであっても、喜びであっても、今こそがすばらしい。
 それは最高に新鮮な神の恵みであって、心の輝きから生じる収穫なんだ。

 実際はすべては生き生きとしている。それを腐敗させているように見えるのは、今という時のせいではない。自分自身が、腐敗した過去や、まだ実体のない未来にしがみついているだけだ。

 今に飛び込め。それはきっと、恐怖があるだろう。それは無防備になる感覚があるから。そこでは、頭の中の計画は可能だが、心の計画は捨てなければならない。
 その無防備さに対する恐怖により、人は今を遠ざけ、常に過去と未来という予測可能な偽りの「作られたイメージ」にしがみつくのだろう。

 唯一常に新鮮な、今を楽しめ。

 
   引用 http://blog.goo.ne.jp/yoga-kailas/e/354183449f84c553626723fd9fdeb700



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑↑

お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします

2013.06.04 11:23|トゥルシー
思い起こせば1年前・・

トゥルシーを植えて、たくさんの物語があり、たくさんの教えをトゥルシーちゃんから頂きました。

あの背伸びしてトゥルシーの真似してたら、本当のトゥルシーになっちゃった、謎の種も、すっかり実が種となり、子孫を残す準備までしてくれました

ついに今年もトゥルシーを植えました

IMG_0321.jpg
種はこんな感じ・・

ビックリすることに、この種、手の上に乗せているだけで、掌に穴があくんじゃないかっていうくらい、温かいんです

気付いたら種を持っている手がその部分だけ熱くて本当にビックリ!!

エネルギーがあるんですねぇ。

ヨーガ的に言うとシャクティでしょうか。種は聖なるエネルギーの塊ですもんね



IMG_0322.jpg
土に置いて水をかけたら、すぐに膜のようなものが張りました
早く植えて欲しかったのかな・・


IMG_0350_20130604111001.jpg

次の日には芽が出てきましたよ〜〜
植物ってその土地に馴染むといいますよね。
1年目は弱いけど、その種は環境に適応した種が収穫てきるらしいです
生き物の適応力ってすごい!
人間も植物も、なりたいように進化できるんですね
どんな環境で生きるかってとても重要なことだと思いました

そして2週間後・・・
IMG_0008.jpg
やっぱり去年よりも強い

すくすくと伸びています
発芽しない子もいましたが、やっぱり同じ鉢に3つ植えたほうが発芽するって本当みたい
「あ!わたしも出ないと!」と焦るそうです


夏には大きくなっているかな・・
成長が楽しみです



「あの頃の
変身のこと
思い出す
子孫も立派に
トゥルシーよ



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑↑

お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします


05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
HP

プロフィール

 ラム子

Author: ラム子
ヨガスクールカイラスでインストラクターをさせていただいています。


教室のblogも是非見にいらして下さい^^

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR