FC2ブログ
2012.12.29 21:52|リース
こないだヨガ教室のクラスのあと、みんなでリース作りをしました


材料はお正月っぽく 金の実や、南天(赤い実)、松、
IMG_0255.jpg

お花の先生でもあった生徒さんが全て用意してくれたのですが、さすが材料の準備のセンスがすごい!!
お正月のリースというと、和風で、松とか赤い実というイメージだけど
今回はプリザーブドフラワーの赤い薔薇も!!
フワフワした羽根のような素材も!


IMG_0257.jpg

参加メンバーは意外と男性陣が多く

出来上がりもみんな個性豊かな作品になりました〜!
みんな

こういう機会でないとなかなかリースを作るってしないですもんね〜!


津野さん



瞑想状態に入れました。と人差し指で作品を持つTさん (体験談みたい) 


材料が同じなのにみんなそれぞれで全く違う

いつもと違う一面もみえたり

とても楽しかったです

高松さん



IMG_0297.jpg

ちなみに玄関飾りは 29日に立てるのを「苦立て」といってきらい、また大晦日に立てるのを「一夜飾り」といい、正月の神を迎えるのに一夜では誠意に欠ける、として昔からきらう風習があるのです。

IMG_0291.jpg


「それぞれの
思いを込めて
神歓迎
リースを作る
バクタなり」



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑↑

お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします




スポンサーサイト



テーマ:フラワーアレンジメント
ジャンル:趣味・実用

2012.12.23 23:01|祭壇のお花
今日はヨガのクラスのあとに勉強会があり、そのときに知ったのですが、昨日はホーリーマザーことサーラダーデーヴィーの西暦でのお誕生日だったようです

そのとき「あ!そういうことだったのかー!」とおもいました。

昨日は、いつもお花を供養して下さっている生徒さんと一緒にお花屋さんや、花材屋さんを回ってきました。

そのときに、1月にあるホーリーマザーの聖誕祭のお花も一緒に見て来たのですが、

教室についてから、今回のお花を開けてみると、赤い縁取りのバラがありました。

「あー!これマザーの薔薇だ!」と言いながら、教室に飾ってある、マザーの写真を見ました。

ちょうど赤い縁取りの服を着ているマザーで、「マザーにピッタリだね

と話していたばかりだったので、ビックリです!その日はマザーの誕生日だったのですね〜



holymothersrisaradadevi.jpg

IMG_0298.jpg


この赤い縁取りの服には一つのエピソードがあります。



サーラダーデーヴィーはインドの大聖者ラーマクリシュナの妻であり、弟子であり、ラーマクリシュナと一対の存在だとも言われている大聖者です。

ラーマクリシュナの死後も、いつもラーマクリシュナと共にいると確信していたサーラダーは、一般的な慣習に逆らって赤い縁取りのサリーと、腕輪を身につけていました。
しかし保守的な村に戻っていたサーラダーは人々の悪い噂の的となっていたのです。

あまりの苦しみに耐えかねたサーラダーは、かつてラーマクリシュナと暮らしたドッキネッショルへと旅をしようかと考えていました。

するとその瞬間、サーラダーは目を開けたまま、はっきりとしたラーマクリシュナのヴィジョンを見ました。ラーマクリシュナは弟子たちをひきつれて、道路を歩いていました。そしてその足元からは水が噴き出し、河のように流れ出しているのを見ました。サーラダーはこれを見て、自分自身に対してこう言いました。

「ああ、師はすべてでいらっしゃる。ガンジス河は師の御足から湧き出たのです」

サーラダーは花束をつむと、それをラーマクリシュナに捧げました。ラーマクリシュナはこう言いました。

「腕輪を外してはならないよ。ヴァイシュナヴァの聖典を知っているかね?」
サーラダーが知らないと答えると、ラーマクリシュナは、ゴーウリーマーが午後にやってきて、それについて説いてくれるだろう、と言いました。

午後になると、本当にゴーウリーマーがやってきて、サーラダーに言いました。
「あなたの夫は神ご自身に他ならないのですから、あなたが未亡人であるはずはありません」

この一連のヴィジョンとゴーウリーマーぼ言葉は、サーラダーの心に安堵と確信をもたらしました。これ以降、サーラダーは人々の非難に耳を貸すことはありませんでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー聖者の生涯3より—————————


このエピソードのように、本当に神といつも一緒にいると確信があれば、本当の強い気高さが出てくるのでしょうね。

外界の世界のネガティブなものなど、そのようなバクタには害にもならないのだと。
教えてくれたエピソードでした。

そんな気高い意味のこもったサリーと同じ薔薇が、昨日のマザーの誕生日に祭壇にあがってたというのがとても不思議で感動した出来事でした

あとで聞いてみたところ、この薔薇はコレ!と選んだわけではなく、お店の方にお任せで決めていただいたそうでうす。

やっぱり「お任せ」が一番ねと 話しました。


IMG_0311.jpg

・カサブランカ
・バラ〜A-1
・バラ〜アバランチェ
・雲竜柳(金塗り)

IMG_03cgh.jpg 

この真っ白で大輪のダリアはTさんが今日持って来てくれました

今日真っ白になった祭壇のお花とピッタリ


なんの打ち合わせもなく祭壇のお花が真っ白になり、、

そして、、

勉強会のケーキも、、、


IMG_0262.jpg



    

       真っ白


自分が考えたり選んだりしてると思っていることでも、実はすべて神のご意志どおりなのですね

悩んだり、エゴをいれずに、お任せで生きていこうと改めて教えていただいた日でした



「あれこれと
頭をひねって
悩んでも
もう決まってる
お任せね」



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑↑

お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします




テーマ:フラワーアレンジメント
ジャンル:趣味・実用

2012.12.20 11:35|リース
前回のリースに飾りつけをしました

ビバーナムとユーカリの実で・・・

IMG_0191.jpg

まずはちょうどいい長さにチョキチョキ切って・・・

IMG_0194.jpg

グルーガンをつけます。

IMG_0195.jpg

それをバランスを見ながらササっとつけて・・・

IMG_0196.jpg

IMG_0198.jpg

できあがり
華やかになった感じ

IMG_.jpg

前回のシックな感じもいいけど、色々お色直しできていいですね〜

IMG_0023.jpg


お正月のリースも作るので楽しみです


冬って植物はみんなお水控え目になってく。
すごいな〜。
人間の私なんて冬につれて・・・
本当に体の声を聞けば控え目になっていくのかもな〜
植物って地球のリズムに合ってるよな〜
クマは冬眠の食料ちゃんとあったのかな〜
な〜んてベランダの植物に水をあげながら考えてた日でした






今日の聖者の言葉


「あらゆるものの中に神を見て、被害や困難さえも善きものに変えなさい。
これが真のヨーガである。
これにより素晴らしい悟りは得られ、すべての無明の束縛はバラバラに引き裂かれる。
そしてあなたは永遠の中にとどまるだろう」


———シヴァーナンダ———






「植物の
ように自然に
呼吸して
あるものだけで
生きていたい」



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへお花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします



テーマ:フラワーアレンジメント
ジャンル:趣味・実用

2012.12.18 11:57|ポインセチア
クリスマスの季節になってきて、教室も一気に赤いバラが増えてきました

そそそそして、2日のうちに3つもポインセチアが教室にやってきましたよ〜

打ち合わせしたわけじゃないのに、不思議です・・

IMG_0189.jpg


こちらは生徒さんが持って来てくださったポインセチア

なんとこの方のお庭には サクランボやラズベリーやみかんの木もあるそうです!
ラズベリーも年々増えて食べきれないくらいだそうです 植木の育て方は子育てに似てるという格言も生まれました 

適度にほっときましょう〜
かまいすぎず、伸び伸びと、でも適度が大事なのですね



IMG_0190.jpg


こちらはこないだ綺麗なバラのお花も選んで来てくれたS君のポインセチア!
この赤が好きだそうです!
ちょっとしおれかかってしまっているけど、S君に選ばれて祭壇に捧げられて幸せだね!



IMG_0188.jpg 






こちらのポインセチアは形が可愛い
コロンと丸みがあ「ウインターローズ」という種類です。
お花みたい! これもS君がこないだのは元気がなかったからと選んで来てくれました。




 ポインセチアってかなりデリケートちゃんみたい。
 それもそのはず南国の花なんですね〜!日本の冬に耐えるのは大変だと思うわ

育て方色んな説があったので冬の管理について調べてみました


•ポインセチアは短日植物のため、日の当たる時間が12時間以下にならないと花が咲かない性質を持っています。そこで、9月以降は光の当たる時間を調節してやることが重要な作業になります。夜の人工照明は禁物です。9月下旬から40日間は、毎日欠かさず17時~朝8時まで、段ボールなどをかぶせていっさいの光を遮るようにします。(この作業を「短日処理」といいます)

•日当たりが悪いと下葉がすべて落ちてしまいます。短日処理をする時期、時間以外は良く日光に当てるようにしましょう。
 寒さには弱く、15℃を切る頃には室内に取り込む準備をしましょう。10月下旬から3月いっぱいまでは室内で管理します。この際、短日処理(上記参照)を忘れないようにしましょう。また、日中は窓際の良く日のあたる場所に置いてあげましょう。

•冬は生育もにぶりますので、土の表面が乾いて3から5日くらい間を空けて、控えめな水やりを心がけましょう。冬は室内で管理することになりますので、暖房が直接あたる所などに置かないようにしないと、一日で枯れてしまいます。



まとめると
「短日処理をする」「日光にあてる」「15℃以下にしない」「水は3日置き」「暖房にあてない」



わがままちゃんね
出来るかぎり応えていきたいと思います


「手のかかる
子ほどかわいい
いうけれど
ほんとにそうね
ポインセチア」

ポインセチアにちなんでプリンセチアっていうピンクのポインセチアもあるみたい



今日の聖者の言葉




あなたにはできないことはない。
 あなたは、十分に無限なる力を顕現しようと努力していないときにのみ、失敗する。

  

———ヴィヴェーカーナンダ———




 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへお花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします




2012.12.16 18:36|祭壇のお花

夏の暑さの苦悩に耐える大地に身を隠す愛らしい種が、
雨が降ると その焼けた大地から
一生懸命愛らしい芽を出すように、そのように御身の良心は今 花開いたのだよ
それは美しいものだ。

———シュリー・ラーマ———




今回も祭壇にお花がいっぱい

祭壇
•カサブランカ
•バラ(フリーダム)
•ビバーナム(紫の実)
•ユーカリの実
•クジャクヒバ(モミの木)

ビバーナムはこないだ駅の構内で拾ったのと同じのです^^

ユーカリの実もオクラの上の部分みたいでかわいい^^


IMG_0182.jpg


こちらは大阪からインストラクターになりたくて来た生徒さんが選んできてくれました!
優しい色のガーベラとアゲラタムがヴリンダーヴァンみたいで可愛い!!

IMG_0180.jpg

はとっても大きいダリア!
この日誕生日だった生徒さんが持って来てくれました。
蓮華の花のように大輪で気高くて一輪でも迫力があります。
純粋で真っ直ぐな彼女にとても合っています。


IMG_0168.jpg

はS君のお花
珍しい木の実みたいなのがはいっています。
名前は忘れてしまいましたが(><)
本物の色だそうです!着色かと思ってたました

IMG_0155.jpg
みんなで「しめじみたいだね〜」とか「ロープみたいだね〜」とか言ってたけど

灰色のお花があるとは初めて知りました。
どういう意思でなったのか気になる



何でかこういう日があります。
たくさん祭壇にお花がある日。
誰も計算したわけでもなく
打ち合わせしたわけでもないのに。

とっても不思議。

本当は目に見えないけど、みんなに祝福が降り注いでるのを
こうして現されているのかもしれないですね

どのお花も茎や葉にプラーナ(気)が通ってると思うととても愛おしい


ついつい見すぎてしまうわポ



ここでYOGA一句


「何の日だい?
祭壇みながら
訪ねると
神々花束
持って来たなり」

なりの使い方が違うんじゃな〜い?



 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ

↑↑↑
お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします



テーマ:花と生活
ジャンル:趣味・実用

2012.12.13 19:25|ジャスミン
こないだジャスミンの蔦を這わせる網が付けられました〜!

すると 「わたし・・伸びていいのね」と言わんばかりにグングン成長してきました



IMG_0074.jpg


この季節に珍しくツボミも出来ましたよ〜

愛情たっぷり 太陽たっぷり育てられています


IMG_0063.jpg
自信をもってグングン伸びてこれからが楽しみですね〜


こないだ載せたリースにアイデアを頂いて、枯れてしまったアレカヤシでミニリースを作ってみました!

いつもなにか活かせないかな〜って思ってたの

葉を織り込みながらグルグル巻いていき・・

巻いた部分にドライフラワーや、木の実などをいれて完成〜!
IMG_0070.jpg

とっても簡単だし、ちょっと写真の額にしたいときも最適!
クリシュナの御足に・・
IMG_0059.jpg







そういえば昔「いらないものをいるものにするの会」っていうのやってました


「ジャスミンや
自信を持って
伸び続け
どこに行くかは
神任せ」




 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへ ←お花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします


2012.12.10 23:22|ユーカリ

こないだ祭壇のお花に使っていたユーカリを生徒さんがリースにアレンジしてくれました

IMG_0023.jpg

さすが!!すっごく素敵!売り物より素敵!!
リース台(枝)にグルグルと巻きつけていき、そのあと実をつけたりリボンを付けていくそうです。

もともとは魔除けとしてリースは出来たみたいですが、こうしてキラキラしたかわいいリースなら天使が寄って来ちゃうかも


リース

今回素材で使用したのは

•ユーカリ
•ポポラス
•ヒムロスギ
•リューカデンドン(松のようなシルバーの実)
•ジェイドパール(シルバーの丸い実)


このリースが届いた日に、たまたまリースで使う木の実の枝を拾いました笑
ほんとにタイムリーでビックリ!
次回アレンジのときに使ってみます
楽しみだわ〜



「ユーカリが
リースになって
いらっしゃい
みんなを導き
迎えているよ」




 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへお花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします





2012.12.05 13:34|ユーカリ
新しい祭壇のお花
IMG_0016.jpg

•シェイラ(ピンクのユリ)
•カサブランカ(白いユリ)
•ユーカリ
•ポポラス
•バラ
•カーネーション

IMG_0019.jpg

とても綺麗なこのバレは一目惚れで選んでくれました!
形も縁取りもなんだか高貴でとても綺麗です!!

IMG_0022.jpg

全体的にシックな感じですね〜!
葉がユーカリや、 なのでだいぶいつもと雰囲気も変わり、クリスマスに近づいてきたかんじ
教室に入るとユーカリの香りがふわっとしていい感じです^^
今の季節風邪をひいている方も多いのでちょどよかった!

IMG_0017.jpg

葉っぱたちだけでも可愛いです
よくリースやアイシスにも使われていいますよね!
祭壇から降ろしたら、クリスマス用にリースにするのもいいね〜と話していました。
楽しみ



ユーカリの性質

医薬品としても、ユーカリオイルは有名で、殺菌力が強く、消化器の病気を好転させる効果がありました。
日本でも、日本薬局方に収載されています。消炎効果を持っているので、クリームなどに使われています。独特の鼻をつくツンとした香りは、誰でも嗅いだ事があるのではないですか?

このユーカリオイルの殺菌力は、空気中のブドウ状球菌を70%死滅させる程強く、凄い浄化能力を持っているのです。
どうして、空気中の浄化が出来るのでしょうか?
それは、ユーカリオイルの成分が、酸素と反応し、オゾン層を発生させるからです。オゾン層の中では、最近は死んでしまうのです。

また、抗ウィルス・免疫系の強化、呼吸器系の痰を取る作用も持っていて、蒸気吸入すると風邪の自然治癒にとても効果的です。

ユーカリの木は、水はけを良くし、感染症を起こさない環境を作り、周辺の土地を浄化するそうです。




  ユーカリがたくさんあるので、その他の使い方について調べてみました!

ユーカリスプレー


◎作り方◎
    
    材 料 ユーカリの葉4~5枚 無水エタノール5ml 精製水50ml  スプレー容器
    
    作り方 ユーカリの葉をスプレー容器に入れ 無水エタノールと精製水を注ぎ
        
        一週間ほど冷暗所において出来上がりです。



挿し木


さし木に使う枝は樹形がしっかりと整い充分大きくなった株から採ります。

時期は6~7月で、その年に伸びた新しい枝先を10cmほどの長さに切り取り、余分な水分が蒸発していかないように下の方の葉を取り除きます。

一晩切り口を水に浸してから湿らせた土にぐらつかないようにしっかりと挿します。

そのままの状態で乾かさないように2~3ヶ月育苗し、軽く引っ張ってみて根が活着しているようなら鉢に植え替えを行います。

ユーカリの挿し木は根付きにくく活着率は30%~50%ほどですので、多めに挿し木するといいでしょう。



スプレーはさっそく作ってみましたよ〜天然のもので作るのはやっぱりいいですね!
1週間後が楽しみです。

挿し木は6月まで待てないな〜。
水差しで持ってくれればいいけど。。

相談してみよっと。


ユーカリについて調べていて、植物って凄いなって思いました


オーストラリアに多く育成しているユーカリは動物たちにどんどん食べられてしまいました。
このままでは私たちは絶滅してしまう!!と思ったユーカリは、自ら毒性を作り出し、食べられないように進化したようです。

本来は自分たちを守るために進化したユーカリの力も、今となっては、民間療法で傷口の殺菌をしたり、オイルになって人々を癒やしたり・・・
周りをも浄化してしまうほどの力となって人々の役になっている。

本人たちはそんなつもりはないのだろうけどきっと当時は悲しかったし、恐怖だったし、分裂したり、色んな物語があったんだろうな・・

299480_357256057691465_1831818525_n.jpg
この世界に起きている色々な現象も、心の働きも、誰かの悩み事も、廻り巡って誰かのためになっていたり、何かを一緒にちょっとづつ動かしている。

みんなそれぞれ生きている意味がある。

だから表面的に今苦しく感じたり、悲しいと思っても、すべて安心して受け入れられるようになりたいなと思います。

そんなヨーガの道に出会えてよかったなと思いました

ユーカリから人生までなっちゃった 笑

ユーカリさんたくさんの教えをありがとね 大事にします


ここで一句・・・

「ユーカリや
強い香りで
咲き誇る
苦しみ乗り越え
皆癒やしてる」

 ←教室のHPです是非見にいらして下さい



にほんブログ村 花ブログへお花ブログランキングに参加中です
1クリックで応援できるので良かったらポチっとお願いします





テーマ:ピラティス・ヨーガ
ジャンル:心と身体

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
HP

プロフィール

 ラム子

Author: ラム子
ヨガスクールカイラスでインストラクターをさせていただいています。


教室のblogも是非見にいらして下さい^^

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR