FC2ブログ
2014.07.23 10:38|珍しい花
7月20日の岡山講習会

50名もの参加者でとても素敵な講習会になりました。

主催して下さったかたたちの手作りの温かいプラサード

10556245_671957676213813_8711308379435993761_n.jpg


10524558_671957859547128_5370767415385139585_n.jpg皆さんで分担していろんなおにぎりや、おからの揚げものなどを用意してくださっていました
愛情いっぱいでとても美味しかったです
カイラスからはお得意のラドゥとオートミールクッキー
ラドゥを見て「これはカレー粉?」という方も
味は甘くてきな粉のような日本人向けなインドのお菓子です
オートミールクッキーもナッツがいっぱいで味わい深くとても美味しかった




そしてこの色鮮やかなお花!

飾りかと思いきや 食べられるお花だったのです

10502251_671957822880465_595449003172598692_n.jpg


名前はナスタチューム

味は カイワレ大根みたいなかんじかな?

とにかく辛みと甘みが美味しかったです

お花をたべるなんて嬉しい

このお花を育てているwacca farmさんも来てくださっていて、お話を聞いたらとても素敵な農園みたいです!

お花も野菜も果物もオーガニック栽培だそうです。

このバナナも立派

10486570_671953412880906_2607930289558383891_n.jpg


日本でバナナを育てるのは沖縄くらいだと聞いていたのでビックリです

歩いて居てもとても心地いい空気

フレンドリーな方ばかり

自然がいっぱいの岡山でした


10550918_671954782880769_9201105398055824438_n.jpg

↑サボテンたちもかわいい
会場の「くらしのたね」さんもナスを育てていたり、建物もすべて岡山の伐採された木やを釘を使わずに立てられていたりなど・・いたるところまで温かいものを感じました。

肝心の講習会もとてもよかったとの声を聞けてよかったです^^

また是非岡山いってみたいです

10568947_671955412880706_575346035720646604_n.jpg
スポンサーサイト



2013.09.04 10:41|珍しい花
ラムという名前が入ってるお花たちまとめてみました

可愛い感じのお花ばかり


スイートピー(ピンクラム)
スイートピーピンクラム


カーネーション(ピンクラム)
ピンクラム1


ラムズテール
ラムズイヤーとも言うみたい!
ラムズテール


スモークグリーンとふわふわな感じで合わせてもいいかも

20090531_716244.jpg


 
 そうそうHPが新しくなりましたお洒落な感じです
       
 是非見に来てくださいね



kailas.jpeg


2013.08.30 12:59|珍しい花
先日のバクティヨーガフェスタで心に響く演奏を聞かせてくれたGUMIさんが、ガンジス川の源流ゴームクに行ったときの話をしてくれました

その源流に脇道があり、そこを登ってみると、もっと最初の源流があったそうです!

一足でまたげるほどのガンジス川・・・
その天界のような世界には透明な花が咲いていたそうです


気になって気になって調べてみました

メコノプシス・アクレアタ(青いポピー)
24_26sブルーポピー【ケシ科】
1252188521.jpg
a0075589_10354183.jpg
images (2)
コピーs~sDSCF4754


とっても綺麗な青ヒマラヤの幻の青い花と言われています

よく仏典等でも青い花は吉祥なものとして書かれていますね。

自然界の存在する色の謎について
こんな不思議なデータもありました。

「究極の青い花といえば 「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれるメコノプシス(Meconopsis spp.)でしょう。約50種あるメコノプシス属のほとんどの花の色素とその発現の機構についてはまだよくわかっていません。また、この属の黄、赤、紫色の花の発現についてはまったく謎のままです。
私たちの身の回りにある色とりどりの花のうち、赤~紫~青色の花のほとんどはアントシアニンという色素群によって違います。
これらの花の色は基本的には含まれる色素の色が反映されていますが、紫~青色の花の多くは金属やその他の化学成分と細胞の中で複雑に結合し合って、その色は発現します。その反応は非常に複雑です。
これらの花の色ばかりでなく、自然界にある野生の花のほとんどがその色素成分や発現の仕組みは謎のままです」




解明していない自然界の色・・・

神様はどうしてこんなに綺麗な花を作ったのだろう





そのほかにも、ヒマラヤにはふしぎな花がありました

IMG_1304.jpg
EPSON3601.jpg


「セイタカダイオウ Rheum nobile」


この植物は氷点下の寒さに耐えるために自ら葉で覆い、
中の温度を25℃まで保っているようです。

それを知った虫たちも、避難しにやってくるようで、それが受粉となり、苛酷な環境でも生息できるようになったようです

悪戦苦闘しながらも苛酷な環境に耐えて、そして強くなったところに「僕も助けて〜」と、避難しにくる虫がいて、その子たちも大きな愛で包んだら、どんどんと仲間も増えて、いつの間にか、その環境で生きる代表のような植物になってしまったのですね

菩薩みたいでとても感動的


この植物を知ったとき、始まりはなんだったんだろうって思った・・・

植物が育たないような環境なヒマラヤなのに、種が落ちたわけでもなく、誰かが植えたわけでもなく、
なぜここを自分の生きて行く場所としたのだろう・・・


神様はこの子なら乗り越えられる  と植物が生きていけるはずもないような環境に置いたのかもしれない・・・

そしてその姿がきっといつか人々を癒やしたり、励みに役立つのだろうと・・・


   神様はどんな苛酷な環境でも、君なら乗り越えられるよと、見守ってくれている。
    出来るから与えられている。

そして、わたしたちは全てを受け入れて、前に進むしかないんだ!と感じました



でも、心の片隅で思った事も呟いてしまうと、
ヒマラヤでも神様が綺麗なお花を見たかったのかな
とも思う

きっとニコニコしながら植えたのかな・・・って




この世に存在するものすべて、神様への供物だと聖者は言う。

そうだよね。そうじゃなきゃ存在しないよね。




今回初めて開催したバクティヨーガフェスタ
このイベントを通じてたくさんのことを学びました。多くの方が、このフェスタの準備などを通じてたくさんの気付きや、乗り越えたことがあったようです


1184995_631386116896179_261885998_n.jpg

そこでも同じように、「ただ前に進むしかないんだ」「前に進む道しかないんだ」というのを感じました。


それがとてもポジティブで明るくて楽しかった


固くなになっていたら難しいもの
       でも
受け入れてみたら簡単なものだった。


ほんとうにこの世は鏡のようなところだ




此処で一句・・・

「目の前に
壁があるよに
見えてても
それもすべては
導きなのね」


だんだん一句が独り言になってきてしまってる
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
HP

プロフィール

 ラム子

Author: ラム子
ヨガスクールカイラスでインストラクターをさせていただいています。


教室のblogも是非見にいらして下さい^^

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR